出産祝いの相場

出産祝いを贈ろうと思った時に、まず最初に気になるのが、その相場だと思います。

スポンサードリンク


贈る人、贈られる人の年齢やお互いの立場などの違いがありますから、
あくまで基本的な目安として考えて頂いて、その前後でお祝いを考えるのが良いでしょう。


★ 出産祝いの大体の相場 ★
○ 兄弟に対して        ・・・・・1~3万円
○ 親戚に対して(関係によって)・・・・5千円~2万円
○ 親しい友人に対して    ・・・・・5千円~1万円
○ 知人に対して       ・・・・・3~5千円
○ 会社・職場関係の方に対して・・・・・3~5千円


数人の友人や、職場全体で...など何人かでまとまってお祝いを贈る場合には、
一人一人の金額はもう少し抑え目にしても問題ありません。

こちらの相場は参考にしていただいて、具体的にどうするかは、お互いの関係を重視して決めるのがいいでしょう。
ただし、あまり高価なお祝いはするのは出産祝いとしてはマナー違反です。
なぜなら出産祝いをもらった方は、内祝いという形で出産祝いへのお返しをするのがマナーとなっているからです。

出産祝いへのお返しである内祝いは出産祝いの半額程度が一般的ですので、
高価な出産祝いを贈ってしまうと先方も内祝いの金額が上がってしまい、
かえって迷惑をかけてしまうこともあります。

やはり相場を意識した出産祝いをするほうが先方にも喜んでもらえることになるでしょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

マナーとタイミング
親しい人に赤ちゃんが生まれるのは、とても嬉しいこと。 心から祝福の気持ちを込めて......
熨斗袋(のしぶくろ)の書き方
日本にはお祝いや、お見舞いなど、金品を贈る際に熨斗(のし)紙をつけるという伝統的......
メッセージ
出産祝いを贈る場合、出産直後のママは慣れない育児に忙しかったり 産後の疲れもあり......

▲このページのトップへ