熨斗袋(のしぶくろ)の書き方

日本にはお祝いや、お見舞いなど、金品を贈る際に熨斗(のし)紙をつけるという伝統的な習慣があります。
ここでは出産祝いにお金を贈る際ののし袋の書き方のマナーをご紹介します。
のし紙についても、基本は一緒です。
品物を送る場合でものし紙があると、より丁寧な印象になりますし、見た目にも良いでしょう。

スポンサードリンク



★ 熨斗袋の種類 ★

ご出産祝いの熨斗袋では、水引きは「紅白の"蝶結び"」が正式です。

お祝いなので色は紅白。出産は何度あってもおめでたいことなので蝶結びを使います。
結婚など、一度きりのものに対しては結びきりのものを用いますので混同しないようにしましょう。
購入する際に外袋に用途が書いてあるものが多いので、参考にすると良いでしょう。
古くからの慣習については、意外と気にされる方も多いので、失礼にならないようにしっかりと確認しましょう。

★ 表書き 名前 ★

出産祝いの表書きは「御出産祝」・「祝御安産」・「御祝」のいずれかになります。
市販の熨斗袋にはすでに印字されているものがほとんどです。

水引の下に送り主の名前を書きます。
毛筆、あるいは筆ペンで丁寧に書きましょう。ボールペンや鉛筆では失礼になりますので注意してください。
○ 名前はフルネームで書きます。
○ 連名で贈る時、表書きの真下に目上(年上)の人の名前を書き、左側に並べるのが正式な書き方です。
○ 夫婦で贈る場合にはご主人の姓名を中央に書いてその左側に奥様の名前を書きます。
○ 職場などで連名にする場合は、中央に「○○○一同」とし、その右側に会社名などを書きます。
○ 4人以上の連名で贈る場合には、代表者の名前を書き、他一同とします。
  残りの方の氏名は別紙に書き祝儀袋に同封するのが一般的な方法です。
  その場合にも一番右が上位になりますので、地位が高い人を右から順に書くようにします。

★ 新札 外包み ★

お札は新札を用意しましょう。入れる際にはお札の表が表になるように、また肖像の方を上にして入れます。

外包みについては、お祝い事の場合は共通して、上側が内側になるように折ります。
逆に弔事の場合は上側が外側になるように折ります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

マナーとタイミング
親しい人に赤ちゃんが生まれるのは、とても嬉しいこと。 心から祝福の気持ちを込めて......
出産祝いの相場
出産祝いを贈ろうと思った時に、まず最初に気になるのが、その相場だと思います。 贈......
メッセージ
出産祝いを贈る場合、出産直後のママは慣れない育児に忙しかったり 産後の疲れもあり......

▲このページのトップへ